1st choice for Cardiovascular Imaging Software Solutions

QAngio OCT ES icon

QAngio OCT RE


メディス開発部の応用研究課が開発した最先端の医用画像処理のアルゴリズムにより、Monoplane・Biplaneのいずれで撮影したアンギオ画像からも3D血管の再構築・定量化が可能です。

ワークフロー

  • 1つの解剖学的ランドマークを用いてアンギオとOCT/FFRプルバックを同期
  • 3D OCTの自動再構築と、画像からのカテーテルの除去
  • 1つの画面上で、複数のモダリティから得られたステントのサイズと位置情報を表示
  • QAngio XA 3D REとQAngio OCT REのシームレスなリンク

優れた機能

  • あらゆるメーカーの装置で撮影したアンギオ画像を解析できるQAngio XA 3D REから、再構築された3D血管をインポート
  • スピードと情報量を誇る3D OCTの再構築と、OCT血管内のフライスルー
  • OCTカットプレーンからのフレキシブルな側枝入口部定量化
  • アンギオ、OCT、FFRプルバック間でマーカーの自動同期
  • 3D QCAとOCT横断面で真腔直径の比較
  • 3D OCT上でガイドワイヤーの位置を明瞭にビジュアル化
  • 簡単なスクリーンショットや動画の作成同期
  • 汎用のPC・ノートPCにインストール可能

解析結果

  • アンギオ、OCTイメージ、FFRプルバックを1点対1点で同期
  • 正確で再現性のある側枝入口定量化
  • OCTカットプレーンよりあらゆる位置で距離・面積計算が可能
  • 血管の任意の位置で、3D QCA・3D OCT・FFRの定量的解析
QAngioは、Medis medical imaging systems bvの登録商標です。
QAngio OCT REは学術研究用のアプリケーションであり、日常の臨床使用のためにデザインされておりません。